コラム | 兵庫県神戸市灘区 大石駅【株式会社中西建築】

 

コラム

子供部屋の壁紙選びのポイント

2022.08.01


子供部屋の壁紙について悩んでいませんか?
「ポップな壁紙にしたい」という方から、「大きくなったことを見据えてシンプルなものを選ぶ」という方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、子供部屋の壁紙選びのポイントについて紹介します。

▼子供部屋に関する注意点
子供部屋は、散らかりやすく汚れやすいという特徴があります。
落書き・砂や泥の付着・穴を開ける・壁紙を剥がすといった行為を子供は行います。
子供部屋の落書きは、そんなダメージを踏まえた想定を考えましょう。

▼子供部屋の壁紙選びのポイント

■汚れが落ちやすいものを選ぶ
上記で述べたように、子供部屋は汚れやすいという特徴があります。
汚れが落ちやすい素材や、特殊加工で傷みにくい素材を選びましょう。
なかには、水拭きするだけで汚れを簡単に落とせる素材もありますよ。

■貼り替えを検討したものを選ぶ
壁紙選びは、成長に合わせて貼り替えることを視野に入れましょう。
壁紙の寿命は約5~10年と言われており、また子供部屋は特にキズや汚れによる劣化が激しいためです。
そのため、貼り替えしやすいものでなおかつ、下地に影響が出にくい壁紙がおすすめです。

■アレルギー対策を検討する
「ホルムアルデヒド」という言葉をご存じでしょうか。
家の中にいると、頭痛・咳・息苦しいといったシックハウス症候群を引き起こすきっかけになる物質です。
またホルムアルデヒドには発がん性物質があるため、人体への様々なリスクがあります。
その物質が、壁紙に含まれていると話題になったのは記憶に新しいですよね。
抗アレル壁紙などの、身体に負担をかけない壁紙を使うことが重要です。

■ウォールステッカーを導入する
シンプルな壁紙を選んだ方におすすめしたいのは「ウォールステッカー」です。
ウォールステッカーとは壁紙シールのことで、壁に傷を作ることなく部屋のイメージを変えることが出来ると好評です。
またお手頃な価格で入手できるため、子供と一緒にお部屋をデコレーションすることが出来ますよ。

▼まとめ
子供部屋の壁紙選びのポイントにはいくつかあります。
汚れが落ちやすいものや、将来の貼り替えを検討したものを選びましょう。
壁紙選びを考える上で、アレルギー対策も重要です。
またシンプルな壁紙を選びたい方には、ウォールステッカーもおすすめですよ。

最新記事

  • New

    2023.01.05

    自宅を店舗改築する時の流れとは?

  • New

    2022.12.03

    テナントのデザインを決めるには?

  • New

    2022.11.01

    店舗の改装での注意点を紹介

  • New

    2022.10.15

    門柱に埋め込むタイプの郵便ポストはDIYも可能?

  • New

    2022.10.01

    ウッドデッキの設置によるメリットとは?

アーカイブ