コラム | 兵庫県神戸市灘区 大石駅【株式会社中西建築】

 

コラム

和室を洋室にリフォームするにはいくらかかる?費用の目安やメリットを紹介

2022.04.22


子供が大きくなったり、介護が必要になった場合など、使いにくくなった和室を洋室へリフォームする方が増えています。
今回は、和室から洋室へリフォームする際の費用やメリットについて紹介します。

▼和室から洋室へリフォームする際の費用の目安(6畳~8畳)
和室から洋室へリフォームする際、畳をフローリングにするだけの場合や、部屋全体を洋室に変更する場合など、工事の範囲になって価格が変わってきます。
いくつかのバターンでご紹介したいと思います。

■畳からフローリングにリフォームする場合
畳をフローリングに変更する場合は、まず下地からやり直さなければならないため、大がかりな工事になります。
フローリングは畳より下に音が響きやすくなるため、マンションの場合は防音下地を入れたり、遮音性の高いフローリング材を選ぶ必要があります。
また、断熱材を入れたり、フローリング材の種類や強度によって金額が変動します。
大体の目安は10万~35万前後と考えられます。

■天井と壁をクロスに張り替える場合
和室の場合、柱や長押が見える場合が多いため、クロスを貼って洋室へリフォームすることが一般的です。
費用は真壁か大壁かによって変わってきますが、費用の目安は10万~25万前後です。

■押し入れからクローゼットにリフォームする場合
和室の押し入れは一般的に2段になっていることが多いのですが、リフォームする際には、この中段を外し衣類を吊るすポールを設置したり仕切りを付けます。
元のサイズをそのまま使うか、大きさを変更するかによって費用が変わってきますが、大体の目安は10万~25万前後です。

▼和室から洋室へリフォームするメリット
和室は防音性が高く、床の断熱性もあるためお子さんが小さいうちや、お年寄りに人気です。
ですが、和室を洋室にリフォームすると下記のようなメリットがあります。

・掃除が楽
・カビやダニが発生しにくい
・家具の跡が残りにくい
・畳の張替などの費用が抑えられる

このように洋室には様々なメリットがあります。
弊社では、お部屋の間取りの変更や和室から洋室へのリフォームまで、様々な施工を行っておりますので、お住まいの悩みがありましたらご相談下さい。

最新記事

  • New

    2022.06.15

    ドアの種類について

  • New

    2022.06.01

    チョーキング現象と補修について

  • New

    2022.05.15

    壁紙の種類について

  • New

    2022.05.01

    床材の種類と特徴を紹介!張り替えにはいくらかかる?

  • New

    2022.04.22

    和室を洋室にリフォームするにはいくらかかる?費用の目安やメリットを紹介

アーカイブ